なるほど納得!排気装置の世界
何がいいかよくわからない?

「排気装置」は設置場所別
メーカーと相談しよう

粉塵や有害物質を吸い込むことを目的とした「排気装置」には、局所排気やプッシュプル換気などいくつか換気の方法があり、囲い式、外付け式など、そこからさらに製品のタイプが枝分かれし、さらに、どこに設置するか・どんな物質を吸引するかでも適切な装置は変わってきます。

ここまで読んで、「もうよくわからない」となっている方。排気装置の導入は、設置場所別に知見のあるメーカーと相談して選びましょう
もう少し排気装置を理解したいという方に向けて、排気装置の種類とそれぞれの対応範囲についての解説もまとめましたので、排気装置選びの参考になさってください。

現場も納得&管理者も安心な
「排気装置」メーカー3選

奥が深い「排気装置」の
様々な換気方法

排気装置は、対応する有害物質の種類や作業環境によって、さまざまな装置・換気方法が存在するのをご存知でしょうか。
本サイトでは「局所排気」、「プッシュプル換気」、「全体換気」、「集塵機」の4つの方法について調査しました。ここでは、それぞれの装置のメカニズムや導入するメリットなどをご紹介します。

局所排気

局所排気

有害物質が作業場に拡散する前に、その有害物質の出る局所に排気装置を設置し、集中的に換気する排気方法を、局所排気といいます。有害な空気を吸い込むと、排気装置内の空気清浄装置がそれを処理して、排出するという仕組みです。
局所排気装置はその設置方法によって、密閉タイプの「囲い式」、有害物質の近くに設置する「外付け式」、室内の気流を利用して有害物質を吸引する「レシーバー式」の3種類に分類されます。

プッシュプル換気

プッシュプル換気

有害物質の出る作業場を、空気を吹き出す「プッシュフード」と、気流を吸い込む「プルフード」で挟み込んで換気する排気方法を、プッシュプル換気といいます。
プッシュフードからプルフードへ気流の流れを使って換気するため、作業性を損なうことが少ないのが特徴です。
プッシュプル換気装置はその設置方法によって、作業場ごと壁で囲む「密閉式」と、壁で囲わずに換気装置を設置する「開放式」の2種類に分類されます。

全体換気

全体換気

外から作業場内に空気を取り込み、作業場の有害物質の濃度などを無害なレベルまで下げることによって換気する排気方法を、全体換気といいます。
また、濃度を下げるという手段をとることから、希釈換気装置とも呼ばれます。全体換気装置はその換気方法によって、「送気」、「排気」、「送排気」の3種類に分類されます。
ほかの換気装置と異なり、排気処理ができないのが難点ですが、設備・運転がローコストで行えるのが利点です。

集塵機

集塵機

空気中に含まれる有害な粉塵を、掃除機のように空気ごと吸い込んで処理する機械を、集塵機といいます。
集塵機は換気方法ではありませんが、作業場の空気中に飛散する有害物質を取り除くという点で、排気処理の一つであるといえるでしょう。
また、集塵機は掃除機とは異なり、水や水分を含む粉塵も吸引できるのがポイントになります。吸い込む物体に応じて、「乾湿両用機」と「乾式専用機」の2種類に分類されるので導入の際には注意しましょう。

「排気装置」は”導入して終わり”
ではない。
対応範囲の広いメーカーを
頼れば失敗なし

換気の種類を理解しても、作業現場に適した排気装置を選ぶには、メーカーとの打ち合わせやテストが必須になってきます。
そのため、メーカーを選ぶ際には、製品の性能だけでなく、そのサポート面に注目して選ぶのがおすすめです。
導入サポートはもちろん、必要書類の届出代行、自主点検といったアフターメンテナンスも徹底して行うメーカーに相談して、作業現場に合った排気装置を導入しましょう。

【設置場所別】
対応範囲が広い「排気装置」
メーカー3選

それぞれ排気装置の設置場所が違えば、機器の導入の際に検討するべきポイントも変わってきます。ここでは「製造現場」「研究現場」「塗装現場」それぞれの設置場所に合わせて、排気装置メーカー3社をご紹介します。
導入を考えている場所や各社の対応範囲を見比べて、自社に合った排気装置選びの参考になさってください

製造現場など
工場の環境整備から点検まで
すべてお任せできる対応範囲の広さ

三陽保安産業

製造現場に強い理由
  • 排気装置の導入だけでなく工場全体の排気環境を整備
  • 新設時に必要な書類提出・自主検査まで代行

三陽保安産業の公式HPを
見てみる

排気装置について
電話で問い合わせてみる

研究現場など
ラボ環境の構想やコスト削減も
まとめて相談できる対応範囲の広さ

ダルトン

研究現場に強い理由
  • 清潔さが求められる研究機関の製品展開に特化
  • VAVシステムやクリーンブースも用意

ダルトンの公式HPを
見てみる

排気装置について
電話で問い合わせてみる

塗装現場など
様々なタイプの塗装ブースを国内外
問わず依頼できる対応範囲の広さ

アネスト岩田

塗装現場に強い理由
  • ベンチュリブース・特殊ブース
    など複数種類のブースを用意
  • 日本のみならず世界22か国に営業所あり

アネスト岩田の公式HPを
見てみる

排気装置について
電話で問い合わせてみる

※選定基準:2022年2月調査時点で、「排気装置」とGoogle検索した際にヒットしたポータルサイトに掲載されていた「粉塵や有害物質の排出を目的とした排気装置・集塵機」を取り扱っている22社のうち
①取り扱う排気装置・対応している換気の種類が豊富&導入からサポートまで行う「対応範囲が広い」会社
②排気装置以外の製品の取り扱いや環境全体の構想まで行う「対応範囲が広い」会社
③国内のみならず、海外に複数拠点を持つ「対応範囲が広い」会社 を選定しました。

参照元:イプロス(https://www.ipros.jp/cg1/排気装置/)

参照元:メトリー(https://metoree.com/categories/5056/)

「排気装置」メーカー3社を
さらに解説

対応範囲が広い「排気装置」として取り上げた「三陽保安産業」「ダルトン」「アネスト岩田」について、各社の特徴や取り扱う排気装置を調査しました。
どういった点でおすすめなのか、具体的に対応範囲の広さとはどういったことを指すのか、しっかりと確認して適切なパートナー会社を選びましょう。

製造現場など
工場の環境整備から点検まですべてお任せ

三陽保安産業

三陽保安産業
引用元HP:三陽保安産業公式HP
http://sanyo-hoan.com

取扱製品が対応する換気方法

局所
排気
プッシュ
プル
集塵機
全体
換気

製造現場に強い理由

  • 排気装置の導入だけでなく工場全体の排気環境を整備
  • 新設時に必要な書類提出・自主検査まで代行

公式HPで排気装置の
ラインナップを見る

0957-23-5813

三陽保安産業の特徴

製造現場の”面倒くさい”を一貫して
担当し、作業を楽に

導入から点検までワンストップで対応する「三陽保安産業」。排気装置の導入から、点検などのアフターサポートまでを一括して行ってくれるのが魅力です。
工場全体の排気環境の整備や、必要な届出の代行、自主検査の代行まで、隅々にわたってサポートしてくれます。そのため、特に工場で排気装置を導入したい方におすすめ。
また、取り扱っている排気装置が多いのも特徴の一つ。局所排気装置・プッシュプル換気装置、集塵機、塗装ブースなど幅広いラインナップを揃えており、性能の良い排気装置を、資格を持ったスタッフが提案・提供してくれる、信頼できる老舗メーカーです。

取り扱い排気装置

局所排気装置 塗装ブース(SPB-1-2、SPB-1-5-2、SPB-2-2)、グラビア印刷局所排気装置、
傾斜流排気装置 ほか
プッシュプル換気装置 密閉式プッシュ・プル型換気装置(下降気流・送風機なし)、密閉式プッシュ・プル型換気装置(水平気流・送風機あり)、密閉式プッシュ・プル型換気装置(水平気流・送風機なし)ほか
集塵機 小型溶接ヒューム回収装置すいとろー君、小型集塵装置ブース型A.C.B70/A.C.B110、
移動式小型集塵機クドーシズカ ほか

三陽保安産業の
基本情報

  • 会社名:三陽保安産業
  • 対応エリア:全国
  • テストの実施有無:有
  • 所在地:長崎県諫早市西里町834
  • 電話番号:0957-23-5813
  • URL:http://sanyo-hoan.com/

三陽保安産業の公式HPで
納入事例を見る

0957-23-5813

研究現場など
ラボ環境の構想やコスト削減もまとめて相談

ダルトン

ダルトン
引用元HP:ダルトン公式HP
https://www.dalton.co.jp/

取扱製品が対応する換気方法

局所
排気
プッシュ
プル
集塵機

研究施設に強い理由

  • 清潔さが求められる研究機関の製品展開に特化
  • VAVシステムやクリーンブースも用意

公式HPで排気装置の
ラインナップを見る

03-3549-6810

ダルトンの特徴

研究機関の製品展開に特化し、ラボの環境づくりをサポート

清潔なラボづくりに力を入れている「ダルトン」。主に研究施設事業・教育施設事業・メンテナンス事業を展開しており、中でも研究施設であるラボ環境の構築が得意です。
現場の調査から、課題の洗い出し、解決策の提案、製品の具現化までの工程を一括して請け負っており、さらにラボの構想や導入コスト削減などもサポート。清潔なラボづくりを任せられるのが魅力です。
その製品展開も、清潔さが求められるラボ環境づくりに特化しており、VAVシステムやナノマテリアル対策ブース・ダウンフローブースといったクリーンブースなども取り扱っています。

取り扱い排気装置

局所排気装置 ドラフトチャンバー 、卓上フード 、フレキシブルフード
プッシュプル換気装置 プッシュプル式ホルムアルデヒド除去装置
集塵機 集塵機NBC型、集塵機NBS型、集塵機NJS型
そのほか フィルタユニット、エアシャワー、パスボックス

ダルトンの
基本情報

  • 会社名:ダルトン
  • 対応エリア:全国
  • テストの実施の有無:有
  • 所在地:東京都中央区築地5-6-10
    浜離宮パークサイドプレイス
  • 電話番号:03-3549-6810
  • URL:https://www.dalton.co.jp/

ダルトンの公式HPで
納入事例を見る

03-3549-6810

塗装現場など
様々なタイプの塗装ブースを国内外問わず依頼

アネスト岩田

アネスト岩田
引用元HP:アネスト岩田
https://www.anest-iwata.co.jp/index.html

取扱製品が対応する換気方法

局所
排気
集塵機

塗装現場に強い理由

  • ベンチュリブース・特殊ブースなど複数のブースを用意
  • 相談ができる営業所が日本のみならず世界22か国に存在

公式HPで排気装置の
ラインナップを見る

045-591-1111

アネスト岩田の特徴

特殊なブースも扱っており、塗装現場の換気に幅広く対応できる

塗装ブースに強く、国内外問わず幅広く事業を展開している「アネスト岩田」は、創業から100年近くにわたり愛されてきた老舗メーカーです。取り扱っている製品は主に、塗装ブース・コンプレッサ・真空機器・窒素発生装置・食品機器など。特に塗装・塗布用機械器具の製造販売に力を入れており、ベンチュリブース・乾式ブース・特殊ブース・調色ブースなど、豊富な種類のブースや関連機器を取り揃えているのが魅力です。
日本にとどまらず、アジアや欧米など世界22か国に営業所を設置。グローバルにシェアを広げているのも特徴の一つです。

取り扱い排気装置

塗装ブース ベンチュリーブースVB-F形、乾式ブースBB形、HYBRIDスクラバーブース ほか
集塵機 除塵集塵ブース

アネスト岩田の
基本情報

  • 会社名:アネスト岩田
  • 対応エリア:全国
  • テストの実施の有無:有
  • 所在地:神奈川県横浜市港北区新吉田町3176
  • 電話番号:045-591-1111
  • URL:https://www.anest-iwata.co.jp/

アネスト岩田の公式HPで
納入事例を見る

045-591-1111

そのほかの排気装置
主要メーカーリスト

ここでは、2022年2月調査時点で、「排気装置」とGoogle検索した際にヒットしたポータルサイトに掲載されていた「粉塵や有害物質の排出を目的とした排気装置・集塵機」を取り扱っている22社について調査しました。
特徴や取り扱う排気装置についてまとめていますので、ぜひ会社選びの参考にして下さい。

対応エリア 全国・海外22か国
所在地 神奈川県横浜市港北区新吉田町3176
電話番号 045-591-1111
URL https://www.anest-iwata.co.jp/
対応エリア 全国
所在地 神奈川県横浜市港北区大豆戸町275
電話番号 045-401-1441
URL https://www.amano.co.jp/kankyo/index.php
対応エリア 日本・中国・台湾・韓国・東南アジア・北米・欧州
所在地 宮崎県西都市大字茶臼原291-7(本社)
電話番号 0983-42-1411
URL https://ulvac-kiko.com/

もっと見る閉じる

確認しておきたい排気装置導入までの流れ

実際に排気装置を導入する際の流れをまとめました。
しっかりと確認し、設置まで漏れがないようにしましょう。また、必要書類の届出や点検など、各メーカーによってどこまでがサポート内なのかはさまざま。
なるべく一括して行ってくれるメーカーを選ぶのがおすすめです。

STEP.01
打ち合わせ・現地調査

打ち合わせ・現地調査

労働基準監督署からの指摘などで排気装置の取り付けが必要になったら、まずは打ち合わせを行います。
実際に排気装置を設置する場所の現地調査を行い、これによってどんな規模の排気装置が設置でき、どれくらいのコストがかかるのか、などを算出していきます。
また、排気装置を設置する現場の状態や、現場に存在する有害物質の種類なども確認していきます。

STEP.02
設計

設計

現地調査によって得られた現場の情報をもとに、専門の技術者が、実際に設置する排気装置の設計を行い、計画書や見積書を作成します。
労働基準監督署関連の打ち合わせといった面も、メーカーによってはサポートしているところがあります。こちらもメーカー選定のポイントの一つにするといいでしょう。

STEP.03
計画の届け

計画の届け

排気装置の工事にあたり、いくつかの届出が義務付けられています。必要な書類の届出を行いましょう。
それに伴い、図面・系統図・計算書といった各書類を用意する必要があります。
労働基準監督署への申請書類も必要になり、大変な作業となりますので、これらの届出の業務を代行してくれる排気装置メーカーを選ぶのをおすすめします。

STEP.04
施工

施工

一通りの届出や申請を終えたら、いよいよ排気装置の設置工事・施工を実施します。
工事後は試運転を行い、動作に問題がないか、きちんと排気できているかなどをしっかりと点検していきます。
点検に問題がなければ、性能報告書を作成し提出し、これで排気装置の導入となります。

PR
定期自主点検

定期自主点検

排気装置には、年に1度の定期自主点検が義務付けられています。
そのため、排気装置を設置した後は決められたチェック項目に従って定期自主点検を行い、報告書類を作成する必要が発生します。
しかし定期自主点検は、事業所によってはかなりの負担になります。そこで、自主点検まで標準でアフターサポートしてくれるメーカーを選ぶのがおすすめです。
ここでは、設置から定期自主点検まで一括で行うメーカーをご紹介します。

【PR】排気装置の設置~導入を
サポートする企業について見る

こんな使い道もある
排気装置の設置事例

排気装置の設置箇所はその用途によって様々です。排気ガスや煙、粉塵などの有害物質が発生する場所は、排気装置の活躍の場になります。
ここでは、「工場の換気」「塗装作業場の換気」「溶接作業場の換気」「実践室の換気」「有機溶剤使用時の換気」それぞれケース別に、どのように排気装置が活用されているのかをご紹介します。