なるほど納得”排気装置”の世界 » 排気装置・集塵機の主要メーカーリスト » 集塵機の差圧とは?

集塵機の差圧とは?

ここでは、集塵機の内部に発生する圧力差(差圧)とはどのようなものなのか、なぜ機械の中で差圧が変化するのかについて紹介します。

差圧とは?

差圧とは、集塵機の入口側と出口側で生まれる圧力差のことです。集塵機を稼働させてフィルターの中を空気が通り抜けたとき、空気の上流と下流で圧力差が生じます。

新品の集塵機でも開口部やフィルター自身による抵抗がみられますが、その状態からさらに圧力差が大きくなるほど空気の流れが妨げられるため、フィルターに異物や粉じんが溜まっていると考えられます。

差圧が大きい状態(フィルターに異物や粉じんが溜まった状態)を放置しているとフィルターの寿命に影響するおそれがあります。集塵性能を維持するためには、差圧を確認して清掃やメンテナンスを行わなくてはなりません。

集塵機の差圧の変化から分かる情報

差圧は空気の流量や流速が減退するため、エネルギーに損失が生まれるという意味で「差圧損失」と呼ばれます。差圧損失が大きいほど集塵機の性能が正しく発揮されていないと考えられ、清掃やメンテナンスをしなければなりません。

フィルターを搭載している集塵機は、フィルターの汚れにかかわらず空気が流れていく上流と下流で差圧が発生します。基準値から少し差がある程度では許容されますが、値が大きくなるほどフィルターに物理的な変化が起きていると考えられます。

差圧が下降する場合は、圧力が正しく計測されていないということでフィルターに漏れや破損が起きている可能性があります。

集塵機の差圧が変化する原因

集塵機の差圧は、フィルターの汚れやトラブルの有無にかかわらず発生します。値が大きく上昇・下降した場合はフィルターを含めて点検や清掃を行いましょう。差圧が変化する原因は次のとおりです。

フィルターに溜まった汚れが適切に清掃されていないと、こびりついた汚れはそのまま蓄積していき、空気が通り抜けにくく差圧が大きくなります。

パルスジェット式のように自動で汚れを払い落とせる構造でも、適切な圧力がかけられていない場合はフィルターが十分に清掃されないため、差圧の上昇につながります。フィルターに問題や異常がないか定期的に確認することが大切です。

吸い込んだダストの中に水分が多く、粘性の高いダスト層が形成されたときも差圧値が大きくなります。フィルターが寿命を迎えたり、何らかの原因で破損や故障したりするときにも差圧値が大きく変化します。

まとめ

集塵機は空気中に浮遊するチリや粉じんをまとめて吸引する設備ですが、正しく稼働させるためには差圧を確認し、適切なタイミングでメンテナンスを行う必要があります。当サイトではおすすめの設置業者をまとめているので、そちらも参考にしてみてください。

【設置場所別】
対応範囲が広い「排気装置」
メーカー3選

それぞれ排気装置の設置場所が違えば、機器の導入の際に検討するべきポイントも変わってきます。ここでは「製造現場」「研究現場」「塗装現場」それぞれの設置場所に合わせて、排気装置メーカー3社をご紹介します。
導入を考えている場所と排気装置の特徴を見比べて、自社に合った排気装置選びの参考になさってください

製造現場など
工場の環境整備空点検まで
全てお任せできる対応範囲の広さ
三陽保安産業
製造現場に強い理由
  • 装置の導入だけでなく工場全体の
    排気環境を整備
  • 新設時に必要な書類提出・自主検査
    まで代行

三陽保安産業の
公式HPを見る

研究現場など
ラボ環境の構想やコスト削減も
まとめて相談できる対応範囲の広さ
ダルトン
研究現場に強い理由
  • 清潔さが求められる研究機関の
    製品展開に特化
  • VAVシステムやクリーンブースも用意

ダルトンの
公式HPを見る

塗装現場など
様々なタイプの塗装ブースを国内外
問わず依頼できる対応範囲の広さ
アネスト岩田
塗装現場に強い理由
  • ベンチュリブース・特殊ブース
    など複数種類のブースを用意
  • 日本のみならず世界22カ国に
    営業所あり

アネスト岩田の
公式HPを見る

※選定基準:2022年2月調査時点で、「排気装置」とGoogle検索した際にヒットしたポータルサイト(※)に掲載されていた「粉塵や有害物質の排出を目的とした排気装置・集塵機」を取り扱っている22社のうち
①取り扱う排気装置・対応している換気の種類が豊富&導入からサポートまで行う「対応範囲が広い」会社
②排気装置以外の製品の取り扱いや環境全体の構想まで行う「対応範囲が広い」会社
③国内のみならず、海外に複数拠点を持つ「対応範囲が広い」会社 を選定しました。
※参照元:イプロス(https://www.ipros.jp/cg1/排気装置/)
※参照元:メトリー(https://metoree.com/categories/5056/)