なるほど納得”排気装置”の世界 » 排気装置とは?排気装置の基礎知識 » 排気装置の設置が義務づけられている有機溶剤とは?

排気装置の設置が義務づけられている有機溶剤とは?

塗装で広く使用されている有機溶剤。取り扱いには注意が必要な薬品で、場合によっては中毒になるリスクがあります。もし有機溶剤を取り扱うなら、排気装置の設置が必須です。ここでは、有機溶剤の特徴や規制対象となる薬品、吸引時のリスクについて解説します。

有機溶剤とはどんな薬品?

有機溶剤は、他の物質を溶かす性質を持つ薬品のことを言います。塗料で広く使用されており、例えばガソリンやメタノールも有機溶剤に該当します。

有機溶剤の多くは揮発性が高く、中毒症状を引き起こすリスクがあります。吸引すると体内に容易に入り込んでしまうほか、皮膚から吸収される場合もあるため、取り扱いには細心の注意を要します。

有機溶剤には中毒にならないための規則がある

有機溶剤は、中毒を防止するための規則が定められています。有機溶剤中毒予防規則(有機則)と呼ばれる規則で、有機溶剤による中毒や健康被害の防止を目的としたものです。作業員への影響を防ぐためには、有機則に従って取り扱う必要があります。

規則の対象となる有機溶剤

有機溶剤は、大きく第1種〜第3種に分類されています。これらに該当する有機溶剤は法律の規制対象となり、中毒の予防に努めることが求められています。以下で該当する有機溶剤を取り扱う時は注意しましょう。

第1種有機溶剤

引用元:(PDF)厚生労働省_有機溶剤中毒を予防しましょう(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120815-01.pdf

第2種有機溶剤

引用元:(PDF)厚生労働省_有機溶剤中毒を予防しましょう(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120815-01.pdf

第3種有機溶剤

引用元:(PDF)厚生労働省_有機溶剤中毒を予防しましょう(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120815-01.pdf

有機溶剤を吸ってしまうとどうなる?

万が一有機溶剤を吸引してしまった場合、人によっては中毒症状を引き起こします。有機溶剤は揮発しやすく、気道または皮膚を通して簡単に体内へ吸収されます。すると中枢神経が有機溶剤の影響を受け、中毒が起こることがあるのです。

特に高濃度の有機溶剤を吸収した場合、急性中毒が引き起こされます。急性中毒の主な症状は頭痛やめまい、嘔吐などですが、人によって中毒症状の程度には違いがあるほか、意識を失ってしまうケースもあります。

一方、低濃度の有機溶剤にも注意が必要です。長期にわたって低濃度の有機溶剤を吸収した場合、慢性的な中毒症状が起こります。主な症状は頭痛やめまい、倦怠感などですが、有機溶剤の種類によっては腎臓や肝臓に障害を引き起こす危険があります。

有機溶剤を取り扱っているのなら排気装置の導入は必須

有機溶剤は、取り扱い方を間違えると中毒を引き起こす危険な薬品です。塗装などで有機溶剤を取り扱う現場では、排気装置の導入が必須となります。

本サイトでは、排気装置の導入について相談できる業者を紹介しています。業者をお探しの方、排気装置の導入を検討中の方は参考にしてください。

排気装置・集塵機の
主要メーカーリストを見る

【設置場所別】
対応範囲が広い「排気装置」
メーカー3選

それぞれ排気装置の設置場所が違えば、機器の導入の際に検討するべきポイントも変わってきます。ここでは「製造現場」「研究現場」「塗装現場」それぞれの設置場所に合わせて、排気装置メーカー3社をご紹介します。
導入を考えている場所と排気装置の特徴を見比べて、自社に合った排気装置選びの参考になさってください

製造現場など
工場の環境整備空点検まで
全てお任せできる対応範囲の広さ
三陽保安産業
製造現場に強い理由
  • 装置の導入だけでなく工場全体の
    排気環境を整備
  • 新設時に必要な書類提出・自主検査
    まで代行

三陽保安産業の
公式HPを見る

研究現場など
ラボ環境の構想やコスト削減も
まとめて相談できる対応範囲の広さ
ダルトン
研究現場に強い理由
  • 清潔さが求められる研究機関の
    製品展開に特化
  • VAVシステムやクリーンブースも用意

ダルトンの
公式HPを見る

塗装現場など
様々なタイプの塗装ブースを国内外
問わず依頼できる対応範囲の広さ
アネスト岩田
塗装現場に強い理由
  • ベンチュリブース・特殊ブース
    など複数種類のブースを用意
  • 日本のみならず世界22カ国に
    営業所あり

アネスト岩田の
公式HPを見る

※選定基準:2022年2月調査時点で、「排気装置」とGoogle検索した際にヒットしたポータルサイト(※)に掲載されていた「粉塵や有害物質の排出を目的とした排気装置・集塵機」を取り扱っている22社のうち
①取り扱う排気装置・対応している換気の種類が豊富&導入からサポートまで行う「対応範囲が広い」会社
②排気装置以外の製品の取り扱いや環境全体の構想まで行う「対応範囲が広い」会社
③国内のみならず、海外に複数拠点を持つ「対応範囲が広い」会社 を選定しました。
※参照元:イプロス(https://www.ipros.jp/cg1/排気装置/)
※参照元:メトリー(https://metoree.com/categories/5056/)